全米ヨガアライアンスとは|ハワイでヨガ資格取得『カラダアカデミー』

お問い合わせ先(受付12:00~17:00 定休日:年末年始)
B.I.C Bridges for International Communication
050- 5807- 3410

menu

全米ヨガアライアンスとは

ハワイヨガTOP > ハワイヨガ留学のお役立ち! > 全米ヨガアライアンスとは

全米ヨガアライアンスとはYoga alliance

日本国内ではヨガのインストラクターの国家資格は無く、各団体が独自のライセンスを発行していますが、その基準は曖昧でクオリティにも差があると言われています。その点、全米ヨガアライアンスでは様々な統一基準を設けており、こちらの認定校でヨガを学んで取得したライセンスが実質的に「ヨガの国際ライセンス」となっています。

全米ヨガアライアンスとは?

1999年に2つのヨガ団体が合併し設立されました。ここでは高いクオリティのヨガ指導者を育成するための基準を作成しています。全米ヨガアライアンス認定校とは、この基準に従って講義を行っているヨガスクールです。

資格「RYT200」と「RYT500」

RYT200


200時間の講義を受け、ヨガの指導者として基本的な知識や技術を身に着けます。

RYT500


500時間の講義を受け、RYT200のスキルにプラスしてさらに実践的な内容を学びます。

全米ヨガアライアンスが設けている基準

各カリキュラムの時間数の条件
実践技術100時間以上、指導技術25時間以上、解剖学20時間以上、哲学30時間以上、練習10時間以上
インストラクターを養成するディレクターの条件
トレーニングの受講200時間以上、指導経験2年以上又は1,000時間以上

各認定校は上記の条件を満たしつつ、独自の特色を取り入れて講義プログラムを作成します。認定校によっては、論文や試験が必須の所もあります。

全米ヨガアライアンス認定校でヨガを学ぶメリット

世界的に通用するヨガの資格を取得したいのならば、全米ヨガアライアンス認定校でトレーニングすることをおすすめします。インストラクター養成コース終了時に発行される認定書は、50ヶ国以上の国々で効力を発揮します。
このライセンスを持っていれば、ヨガインストラクターとしての信頼度が確実に高まります。

ハワイでヨガを学ぶ意義

日本国内にも全米ヨガアライアンス認定校はあります。
しかし本場ハワイで学ぶヨガには、日本国内では得られないメリットがあります。「マナ(自然のエネルギー)」を感じながら指導を受けられますし、世界に指導者を送り出しているディレクターの元で直接学べます。改めてヨガの神髄に触れることが出来るでしょう。

Page Top

Copyright © YMCハワイ校(カラダアカデミー) ALL RIGHTS RESERVED.