ピラティスとの違い|ハワイでヨガ資格取得『カラダアカデミー』

お問い合わせ先(受付12:00~17:00 定休日:年末年始)
B.I.C Bridges for International Communication
050- 5807- 3410

menu

ピラティスとの違い

ハワイヨガTOP > ハワイヨガ留学のお役立ち! > ピラティスとの違い

ピラティスとの違いDifference

近年では、ヨガもピラティスも日本人にとってすっかり身近な運動となりましたが、この二つはどのように違うのでしょうか。ヨガインストラクターになるためには、ピラティスについても学んで、違いや類似点について学習しておくことをおすすめします。
ここでは、ヨガとピラティスの違いや共通する点についていくつかご紹介したいと思います。

 

ルーツ ヨガ
インドに古代から伝わる宗教の修行をルーツとし、身体と心の結びつきを重視しています。また、瞑想を取り入れた精神統一を行うので、リラクゼーション効果が高いのも特徴です。
ピラティス
ドイツの元従軍看護師が考案したリハビリ運動。インナーマッスル(身体の深層部にある小さな筋肉)を鍛えるとともに骨や身体の歪みを正して、姿勢やプロポーションの維持、改善を目的としています。
呼吸法 ヨガ
基本的なヨガの呼吸法は、鼻から吸って口から吐く腹式呼吸です。腹式呼吸とは、胸郭を出来るだけ動かさずに腹筋の力だけで、横隔膜を上下に動かすことで呼吸が行われます。
ピラティス
ピラティスの呼吸法は胸式呼吸です。
胸式呼吸を行うと交感神経の働きが活発になり、筋肉が緊張した状態になります。この負荷を利用して身体を鍛えるものがピラティスです。
効果 ヨガ
腹式呼吸を行うことで副交感神経が活性化されリラクゼーションの効果が得られるヨガは、ストレス発散や便秘解消など、身心の健康状態が改善されます。他にもダイエットや冷え性の改善など様々な効果が期待出来ます。
ピラティス
ピラティスは胸式呼吸で交感神経の働きを活性化させ、身体や精神をすっきりとさせる効果が期待出来ます。
インナーマッスルを鍛えて血行を促進や姿勢の矯正にも効果的。即効性があるので、早く結果を出したいという方におすすめです。
  ヨガ ピラティス
ルーツ インドに古代から伝わる宗教の修行をルーツとし、身体と心の結びつきを重視しています。また、瞑想を取り入れた精神統一を行うので、リラクゼーション効果が高いのも特徴です。 ドイツの元従軍看護師が考案したリハビリ運動。インナーマッスル(身体の深層部にある小さな筋肉)を鍛えるとともに骨や身体の歪みを正して、姿勢やプロポーションの維持、改善を目的としています。
呼吸法 基本的なヨガの呼吸法は、鼻から吸って口から吐く腹式呼吸です。腹式呼吸とは、胸郭を出来るだけ動かさずに腹筋の力だけで、横隔膜を上下に動かすことで呼吸が行われます。 ピラティスの呼吸法は胸式呼吸です。
胸式呼吸を行うと交感神経の働きが活発になり、筋肉が緊張した状態になります。この負荷を利用して身体を鍛えるものがピラティスです。
効果 腹式呼吸を行うことで副交感神経が活性化されリラクゼーションの効果が得られるヨガは、ストレス発散や便秘解消など、身心の健康状態が改善されます。他にもダイエットや冷え性の改善など様々な効果が期待出来ます。 ピラティスは胸式呼吸で交感神経の働きを活性化させ、身体や精神をすっきりとさせる効果が期待出来ます。
インナーマッスルを鍛えて血行を促進や姿勢の矯正にも効果的。即効性があるので、早く結果を出したいという方におすすめです。
共通点 ヨガとピラティスに共通しているのは、どちらも「身体と心を同時に整えるもの」であるということ。昔から「病は気から」と言うように、私たちの身体と心には深い繋がりがあります。ヨガもピラティスも「深い呼吸で精神を穏やかに落ち着ける」、「心身の状態を整える」、「自分自身を見つめ、考える」という最終的なゴールは同じだと言えるでしょう。

Page Top

Copyright © YMCハワイ校(カラダアカデミー) ALL RIGHTS RESERVED.